【超簡単】本当に欲しいものについて知る方法〜なりたい自分の見つけ方〜

こんにちは、とればーです。

将来について考えた際、「どんな自分になっていたいか?」って考えてすぐに思い浮かびますか?

お金持ちになりたい、こんな人と結婚したい、経営者になりたいなど色々あるかと思いますが、
それって本当でしょうか?

そこで今日は本当に自分が本当に欲しいと思っているものを簡単に知る一つの方法をご紹介したいと思います。

それは「嫉妬」です。

誰かに対して嫉妬したら、それが本当に自分が欲しいと思っているものです。

嫉妬という感情は自分が欲しいものに対して相手が持っている時に芽生えるものです。

例えば、ラブラブなカップルを見た時に羨ましいと思うのは孤独を感じている人ですよね。
自分自身に素敵なパートナーがいたら羨ましいというという感情は芽生えません。

また、大金を稼いでいる人を羨むのは自分自身にお金にお金がなくて、お金が欲しいという感情があるからこそ生まれます。

なんだ、当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、大事なのはここからです。

嫉妬という感情について理解する

大事なのは「嫉妬」という感情を利用して自分に足りないものについて気づき、それを受けれ入れてあげることでこれからにつなげていけると理解することです。

決して自分自身を卑下することはありません。

起業した人に対して羨ましいと嫉妬心を感じたら、どこに羨ましいと感じたのか明確にしましょう。

周りから尊敬されている地位に対して羨ましいと感じたのか、大金を稼いでいることに対して羨ましいと感じたのかなどです。周りから尊敬されている地位に対して羨ましいと感じたのならそれがあなたが本当に欲しているものになります。

ちなみに私は不労所得を得ている人に対して羨ましいと思っています。笑

それを掘り下げると、誰かに雇われず生きられるという点に対して自分が本当に欲しているのかもしれません。

では、誰かに雇われずに生きるためにはどうしたらいいか?そのために取るべき行動は何か?と考え、行動へのモチベーションにつながっていきます。

このように嫉妬した時の感情を細分化し、明確にすることで自分が本当に欲しいものが分かります。

他人からの嫉妬への対処法

この感情について理解すると、他人からの嫉妬についても理解することができます。

あなたもこれまで他人から嫉妬されて嫌な思いをした経験はないでしょうか?

今回、この嫉妬という本質を理解することで、誰かに嫌な思いをさせられた時に、「この人は自分に嫉妬しているんだな」と理解することができると思います。

腹は立つかもしれませんが、相手の気持ちを理解することでスルーする力が身につきます。そうすることで少しでも嫌な感情が削減できるかと思います。

嫉妬を細分化し、明確にすることでなりたい自分を見つける

今、将来やりたいこと、なりたい自分の将来像が全く見えないという方は、この嫉妬という感情を利用して自分が本当に欲しているものについて理解することで、やりたいことやなりたい自分が少しは見えてくるかもしれません。

自分が何に対して嫉妬したのか紙に書き出すなどをして、行動へのモチベーションにつなげてみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • 嫉妬は自分が本当に欲しているものに対して芽生える感情
  • 嫉妬を明確にして行動につなげていくことで行動へのモチベーションになる
  • 嫉妬いう本質について理解することで、他人からの嫉妬に対してもスルースキルが身に付く
  • 嫉妬を細分化し、明確することで本当になりたい自分がみつかる

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です