こんな転職エージェントには要注意!おすすめしない転職エージェントの特徴7つ

こんにちは、とればーです。

今日は、「こんな転職エージェントには要注意!おすすめしない転職エージェントの特徴7つ」についてお伝えしていきたいと思います。

「おすすめの転職エージェントランキング」といったウェブサイトをよく見かけたりしますが、正直なところ、おすすめの転職エージェントは人によって異なります。

大手の転職エージェントを利用した方がいい場合の人もいれば、小さな転職エージェントを利用した方がいい人もいます。人それぞれ年齢や経歴も異なってきますので、一概に参考にはなりません。

また、同じ転職エージェントでもキャリアアドバイザーによって当たり外れがあるので、今日は「こんなキャリアアドバイザーもしくはキャリアコンサルタントに出会ったら要注意」という注意点をお伝えします。

おすすめしない転職エージェントの特徴7つ

  • 社会人としてのマナーがなっていない
  • 転職を無理に勧めてくる
  • 求人をあまり紹介してくれない
  • キャリア形成についてアドバイスできない
  • 傾聴力が低く見当違いの求人を紹介してくる
  • レスポンスが遅い
  • 書類選考の通過率が低い
社会人としてのマナーがなっていない

社会人としてのマナーは基本中の基本になりますが、転職エージェントとやり取りする際に言葉遣いや約束の時間に電話を掛けてこないなど、社会人として当たり前のマナーがなっていない転職エージェントとの付き合いは避けた方がいいでしょう。

私が出会った中でびっくりした転職エージェントは初回の電話面談を外出先の外から掛けてきた人がいます。転職は非常にデリケートなことなので、転職エージェントは超重要な個人情報を取り扱うことを肝に命じておかなければなりません。

それにも関わらず、私が出会った人は明らかに駅のホームと思われる場所から電話を掛けてきました。万が一、私が転職活動をしているという個人情報が会社に漏れたら大変なことになります。

転職は非常にデリケートなことなので、このような社会人としてのマナーがなっていない転職エージェントに出会ったら、あなたにもリスクが伴いますので、付き合いは避けた方がいいでしょう。

私もこれまでたくさんの転職エージェントと面談をしましたが、外から電話を掛けてきた転職エージェントはさすがにその1社だけでした。笑

転職を無理に勧めてくる

転職したいと思って転職エージェントには登録すると思いますが、実際に求人をみたりすると「やっぱり転職しない方がいいかな?」「もう少し今の会社で頑張ろうかな?」と悩むことは当然あると思います。

そんな時に「今すぐ転職しないと年齢的にも先はないですよ」とか「ここに転職しておけば、万が一合わなくてもすぐに転職できます」と転職を煽ってくるエージェントには注意しましょう。

転職エージェントも利益を上げていかなければならないので、焦っている人は無理に転職をすすめてくる場合があります。そういった転職エージェントからは客観的なアドバイスをもらうのは難しくなってしまいますので注意が必要です。

反対に「今の仕事を続けてみてはいかがですか?」「転職を焦りすぎていませんか?」など冷静に転職希望者の立場になった提案をしてくれる人の方が信頼できるでしょう。

求人をあまり紹介してくれない

あまり求人を紹介してくれない転職エージェントは求人案件自体をあまり保有していないか、転職希望者に紹介できる求人があまりないことが考えられます。こういった場合は粘っても求人が出てくるわけではないので、別の転職エージェントにも登録するようにしましょう。

転職エージェントの中にはスカウト部隊を設けているところがあり、彼らは転職エージェントへの登録が目標なので、実際に登録が完了したらあまり求人を紹介してくれないところがあったりもします。転職サイトに登録していると転職エージェントからスカウトメールが届くことがありますが、あまりにも見当違いの求人を餌に登録を促してくる転職エージェントには注意しましょう。

キャリア形成についてアドバイスできない

転職エージェントである以上、転職希望者に対してキャリア形成についてアドバイスができなければプロとは言えません。転職希望者の方は転職を通じてどのようなキャリアを積んでいけば、目標とするキャリアを築いていくことができるかを転職エージェントに相談していただきたいと思っています。

そのため、転職者目線になってしっかりとアドバイスができない転職エージェントには注意しましょう。求人を紹介された際に「この会社に行くことでどういうキャリアが築けますか?」、「この求人をおすすめする理由はなんですか?」と聞いてみて、しっかりと答えられるか確認してみることをおすすめします。いい加減なところだと適当な求人をどんどん紹介してくるので注意しましょう。

傾聴力が低く見当違いの求人を紹介してくる

傾聴力が低く見当違いの求人ばかりを紹介してくる転職エージェントには気をつけましょう。転職エージェントは採用企業が求める人材を探すことがメインなので、採用企業のニーズに基づいての求人紹介になってしまうのはしょうがない部分もあります。

しかし、あまりにも希望とかけ離れた求人ばかりを紹介してくる転職エージェントはそれ以上付き合っていても理想とする転職を実現することは難しいので別の担当者に変えてもらうか、別の転職エージェントも利用しましょう。

レスポンスが遅い

転職エージェントは採用企業と転職希望者の間に入ることになりますのでレスポンよくやり取りをすることが重要になってきます。

「連絡してもなかなか返事がこない」「紹介された求人応募しても返事がこない」「面接結果のフィードバックがこない」などということがありましたら要注意です。

また、転職エージェントの評価が採用企業の担当者から低いとその転職エージェントから紹介された転職希望者へ負のバイアスが掛かってしまう可能性があります。

採用企業からリクエストされた書類等を転職希望者がすぐに提出しても間に入っている転職エージェントが採用企業への提出が遅くなってしまうと転職希望者の評価が下がってしまいますよね。

あまりないと信じたいですが、レスポンスが遅いとサービスの質の低下が予想されるので注意しましょう。

書類選考の通過率が低い

書類の通過率が低く面接になかなかたどり着けないといった場合には以下の理由が考えられます。

  • 採用企業のニーズを満たしていない
  • 採用企業とのコネクション不足
  • 推薦書の内容が悪い

採用企業のニーズを満たしていない
採用企業は書類選考の募基準を求人票に記載されていることとは別に独自に設けています。例えば「年収×年齢」や「転職回数」「在籍期間」などです。もちろん、ダメ元でチャレンジするってこともありますが、基準とはかけ離れた求人ばかりに応募すると書類選考の通過率が下がってしまいます。

採用企業とのコネクション不足
転職エージェントの法人担当が採用企業の人事などの採用担当との関係がしっかりと築けていると書類の通過率が上がります。

なぜなら信頼している法人担当から「この人は御社の基準には満たないですが、絶対に会った方がいい」と言われると会ってみたくなりますよね?

本当に信頼されている法人担当は書類選考なしで採用企業とつなぐことができたりもします。反対に採用企業との信頼関係が築けていないと、推薦力が下がってしまうのです。

推薦書の内容が悪い
転職希望者が応募すると、転職エージェントから採用企業に推薦書を送ります。推薦方法は転職エージェントによって異なりますが、転職希望者の魅力を上手に表現して推薦してくれる方が書類選考の通過率は上がります。そのため、転職エージェントとの面談時は少しでも良く推薦してもらうようにしっかりとこれまでのキャリアをアピールしましょう。

転職支援サービスを利用するというリスク回避方法

転職エージェントに不信感を抱いたり、おすすめの求人が紹介してもらえず、なかなか転職活動が思うように進まないという場合は転職支援サービスを利用するのもアリだと思います。

ゲキサポ !キャリアは転職エージェントではなく、求人を紹介しないのであなたに合った転職エージェントを教えてくれたり、転職活動を全面的にサポートしてくれます。無料カウンセリングもやっているので、現状について相談してみてはいかがでしょうか?

ゲキサポ !キャリア無料カウンセリングはこちら

まとめ

転職エージェントとやり取りする上で思い当たる点はありましたでしょうか?

転職エージェントは数多く存在し、人によって合う合わないが異なり、一概にどこがおすすめとは言えません。もし、登録した転職エージェントとやり取りする上で「ここは違うな?」と思ったら、別の担当者に変えてもらうか、他の転職エージェントを利用するようにしましょう。

ここで注意して欲しいのが、担当替えや別の転職エージェントを利用する場合においても伝え方には気をつけましょう。再度お世話になる可能性や将来仕事でつながる可能性も全くないとは言い切れません。そこは大人な対応を心がけましょう!

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です