【最終面接編】JNTOの中途採用を受けてみた vol.4

JNTOの中途採用を受けてみた!最終面接編
とればー

今日は、前回に引き続き日本政府観光局(JNTO)の中途採用についてご紹介していきたいと思います。


今回お伝えするのは4次選考通過後に実施する5次選考の最終面接についてです。


また、キャリーナから直接JNTOの選考についてやキャリア相談を無料にてしていますので、ご興味ある方はキャリーナからお申し込みください。


>>キャリーナについて詳しく知りたい方はこちら


関連 ▶︎ 前の話(vol.3)へ

JNTOの中途採用を受けてみた!小論文・2次面接編

JNTO中途採用の選考スケジュール

4次選考の小論文と2次面接を通過するとリクナビ経由で最終5次選考の連絡が届きます。最終5次選考は役員による対面での面接です。


最終面接は10月初旬にJNTOのオフィスにて面接は実施されました

JNTO選考スケジュール(2020年)
  1. 7月下旬:リクナビ上にてエントリー
  2. 8月中旬:1次選考:書類選考
  3. 8月中旬:2次選考:Webテスト
  4. 8月下旬:3次選考:1次面接(web)
  5. 9月上旬:4次選考:小論文(web)
  6. 9月中旬:4次選考:2次面接(管理職)
  7. 10月上旬:5次選考:最終面接(役員)
  8. 10月上旬:内定


JNTOの中途採用に興味のある方はリクナビNEXTに登録しておきましょう!

20代の時に利用して役に立ったおすすめ転職サイト4つを紹介

JNTO中途採用の最終面接について

最終面接は役員による対面での面接です。面接時間は20分ですが、2次面接同様に面接前に人事との面談が約20分ほどあります。


この人事面談では、想定年収を提示され、最終面接を通過した場合に承諾してもらえるかについて確認されます。


最終面接に残るのは約10名程度とのことで、ここから半数くらいに内定を出すのではと推測しています。

最終面接概要

所要時間:約20分
面接会場:JNTOオフィス(四谷クルーセ)
面接官:3名 理事長、理事長代理、理事
オブザーバー:管理職面接で登場した面接官3名


最終面接は役員3名、オブザーバー3名と6名に囲まれるのでかなりの圧の中での面接となります。参考までに面接部屋のレイアウトをお伝えしますが、落ち着いてしっかりと自分をアピールしましょう。
 

最終面接のレイアウト

面接官の略歴および印象について

理事長

JR東日本の社長、会長を歴任した方で、人事部長や人材開発部長も経験していたことから面接における人を人を見抜くことには長けているのではないかと推測します。

面接での印象は特段厳しいことやトリッキーなことは言わず、相手の話をじっくり聞いている印象でした。

理事長代理

国土交通省からの出向役員のいわゆるエリート官僚です。面接で一番シビアにチェックしている印象を受けました。私はこの人からの質問で被爆しました。笑

理事

JAL出身でJNTO勤務歴が10年あり、インバウンド戦略部長、グローバルマーケティング部長を歴任した方です。

面接ではファシリテーター的な役割を担い、一番穏やかで優しい感じの印象を受けました。

JNTO中途採用の最終面接で聞かれたこと

最終面接で実際に聞かれたことは下記のとおりです。

JNTO最終面接で聞かれたこと
  • 自己紹介
  • 志望動機

※この続きはnoteにて公開しています。
続きをみたい方はこちらからご覧ください。


最終面接は役員面接でビジョンなどを注視されるのかと思っていたのですが、そんな感じもあまりなく、観光産業への素養を総合的に見られているのかなと感じました。


最終面接の結果は選考の4日後にメールで届きました。受かっていると電話で連絡が来るようなので、メールが届くと落選になります。

JNTOに受かるために必要な要素

これまで4回に分けてJNTOの中途(キャリア)採用の選考過程についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。今後JNTOを受ける方は参考にしていただければと思います。


また、選考過程で私が感じたJNTOに受かるために必要な経験やスキルを以下にまとめました。
 

JNTOに受かるために必要な経験やスキル
  • 調整力:関係機関との調整業務が発生するので調整能力が求められます 
  • 英語力:海外プロモーションなので必須です 
  • プロモーション能力:海外プロモーションに必要なマーケティング知識が求められます。
  • 事務:書類業務が多く発生するため、細かい事務作業ができる必要があります 
  • 観光産業への興味や知識:日本の観光を世界にアピールしていくため、日本のことをよく知ってる必要があります。 


以上が全てだとは思いませんが、上記でアピールできる点があればまとめておくといいでしょう。

JNTO中途採用の応募までにできること

JNTOは定期的に中途採用を行なっているようですので、興味のある方は今から次の応募までにできる準備を以下にまとめました。

リクナビNEXTへの登録

公式サイトにも掲載されますが、リクナビNEXTに登録しておき、定期的に新着の求人をチェックすることをおすすめします。


まずはリクナビNEXTに登録しておきましょう!

リクナビNEXT公式サイトはこちら

英語力の強化

JNTOでは英語力が必須となりますので、今のうちから英語力を高めておくことをおすすめします。


応募書類に記載できるTOEICのスコア取得や、英語による面接に対応できるように今のうちから準備しておきましょう!


英語力に自身のない方は短期間で確実に英語力をアップさせることができるライザップイングリッシュでTOEICのスコアやビジネス英語力をアップさせるのもアリです。


※ライザップイングリッシュの概要や効果についてはこちらの記事をご覧ください。

ライザップイングリッシュが効果的な理由!

自己分析やアピールポイント、面接対策

アピールすべき強みがわからない、面接が不安、といった方はキャリアカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?


自分ひとりだとアピールポイントを洗い出すことが難しいので、客観的にアドバイスをもらうことで論理的に強みをアピールできるようになります。


オンラインでの無料相談も実施していたりするので、無料相談を利用して客観的なアドバイスを求めちゃうのもアリです。


関連記事 ▶︎ 有料の転職相談をするならここ!各サービスを比較し、おすすめを紹介!

有料の転職相談をするならここ!

 

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です